kurisumasu ibu

今日からグアム行くはずだったが、祖父がいつ死んでもいい状態なので前日にキャンセルした。私も祖父のあんな状態を見た後行く気がゼロになった。祖父は1日に一回の頻度で発作を起こす。いきなり目の前が暗くなり、眠るように気を失ってしまうらしい。そのあとは呼吸困難に陥り、ゼイゼイ息をする。発作が起こっている間は滝のように汗をかき、拭くのが間に合わない。酸素ボンベを口に常に当てる。

いつも明るく元気な祖父がこのような姿でいるのを見て、本当に辛かった。私は彼の死を受け止められないだろう。彼が私たちにしてくれたことは数え切れないし、本当に人間の鑑のような人である。しかし彼は覚悟ができているらしく、発作も苦しいが痛くはないらしく、痛まずに死ねると本人も喜んでいる。

彼は元発不明癌といい、元の癌の場所がわからない。今腫瘍は末梢神経と気管と食道にまとわりついており、手術も不可能である。末梢神経が圧迫され、脳から体の様々な部位への信号が遮断され機能不全に陥る。また気管が狭くなっており息がしづらい。食道のこともあるので食べれない。

病前の彼を知っている身としてはやりきれないところがたくさんある。彼は戦前に神戸で生まれた。生粋の関西人である。小学校からリーダーシップを発揮し、小中高と学生会長だった。家は貧しかった。それほど勉強してないが京都大学に合格し、入学。ずっと船乗りになりたかったが目が悪かったので船の製造業に携わる会社に入社。そして数十年後には社長になる。彼はただ頭が良いだけでなく、人柄も最高であった。教養があり、誰からも慕われていた。私は彼からたくさんのことを学んだ。彼は必ず何かあるごとに親族全員を集め、交流を深めさせた。家族の大切さを教えてくれた。私は当たり前のことだと思って育ったのだが、家族にそれほど気にかけてもらえなかった父は、自分の父より母の父のほうが本当のお父さんのようだったと話していた。健康にも気を遣っていた。私は将来おじいちゃんのような良い人に出会えるかなといつも思っていた。

本当に大切な人なので、亡くなるということが私は受け止められず現実だと理解ができていない。結構泣いたのだが、割と平気なのはそのせいだろう。彼がいなくなった後どうやって生きればいいのかよくわからない。

Remove all ads

しミール

プロアクティブすごくしみて死ぬほど痛かったんだけど私だけかな???なんでこんな痛いの??すごい真っ赤になってかゆくなったんだけど?????????????????

Remove all ads

迷走

最近とても悩んでいることがある。

さっきまでアトピーの人のブログを読んで、辛い時期のことを思い出した。

24時間痒くて、夜もほとんど寝れず、頭は薬と痒みのせいで全く働かず、大量にまずい薬を飲んでいたな。その頃と比べると割と良くなったのかもしれない。

最近またアトピーがひどくなり、さらにニキビまで併発して精神状況は最悪である。胸からまた膿が出てきた。勝手に涙が出てくる。なんでこんな目に遭わなきゃいけないんだろう。どうしようもなく辛い。

すごいポジティブな人は本当にすごいと思う。私もポジティブになろうとするのだが、やっぱりひどくなると挫折してしまう。強くなりたいがなれない。

ひどかった頃も今も、本当に切実に死んでしまいたいと思ってしまう。まあ弱いので実行に移すことはできないが。笑

 

アトピーが子供に遺伝する確率は50%ほどだという。環境の要因もかなり大きいが、遺伝が主な要因だという。私は子供が好きなので、将来子供が欲しいなとずっと小さい頃から考えていた。しかし、子供に遺伝する可能性がコインの裏表の確率ならば迷う。

私は子供がアトピーになった場合、色々と面倒見るのは構わない。しかし問題は子供が苦しむことにある。体の痒みだけでなく学校でいじめられたりしないだろうか。子供に苦しんで欲しくない。しかもその苦しみの原因を作ったのは自分だと知っているときの罪悪感は激しそう。

このような考えは優生思想なのか。例えば出生前診断ダウン症の子供が生まれてくることがわかった時、中絶することと同じなのか。

たしかに、アトピーは薬でコントロールできる。が、実際私は夏は暑さのせいでほとんど活動休止、冬でも一ヶ月に一回は絶対湿疹ができ、痒さで死にそうになる。

また、きちんと育ててあげればアトピーを気にしない子に育てることができるかもしれない。このようにブレークダウンを起こしてしまうのは気の弱い私のような人間に限られるのか。

定期購読様はどう思うだろうか。是非意見を聞きたい。

Remove all ads

成人式つらみ

祖父がもういつ死んでしまうかもしれない命なので、私の成人式の写真をもう撮ろうということになった。しかし私の顔は糞、肌の状態も糞すぎる。とりたくない。本当に辛い人生である

今年の振り返り

もう2017年も終わりに近づいている。少し振り返りのようなものをやりたいと思う。

 

2017年は一言で言うと厄年であった。実際、厄年であった。ほとんど嫌なことしか起こらなかった。シッティエスト・イヤー・オブ・マイ・ライフである。本当にどうやって生き抜いたかわからない。しかし色々な人が2017年は最悪だったと言っている。なので2017年は一般的にあまり良くない年だったのかもしれない。しかし色々大切なことも学んだので無駄ではなかったのかもしれない。

 

私の脳は割と面白くて、とても忘れるのが早い。良いことでも嫌なことでも平等に忘却するため、一概に良し悪しは決められない。しかし嫌なことが続いたため、結果的に精神衛生上はよしとしておく。正直言って、一番辛かった時期のことはあまり覚えていない。どんだけ学校行きたくなかったかどれだけ死にたみが深かったか覚えていないのである。ブログを見るとあぁー辛かったんだなーと思うが、正直覚えていないのが事実である。これからも嫌なことは忘れていきたい。

 

2017年の初めはあまり覚えていないが、新年の親族の集合写真を見る限りウンコであった。アトピー患者特有の顔、態度であった。せっかくみんなと久しぶりに会えたにもかかわらず、2階のトイレに5時間以上こもって泣いていた。こんな姿を皆に見せたくないというプライドがあったのかもしれない。もうアトピーが重症化して数ヶ月経って、自分の状況を受け入れたと思ったら矢先である。全く受け入れられてなかったのだ。今でも全然受け入れられてない。前と比べて受け入れられないみがより深淵になった。なぜなら前は治るというどんなにか細くても一応希望があったが、今は一生付き合っていかなければいけないと知ったからだ。美しく、いや、美しくなくてもいいから最低限普通の容姿を望むことは悪いことだろうか。たまにもっと苦しんでる人がいるんだと言われる。しかし苦痛とは関係的なもので比較できる類のものではないと思う。顔じゃなくて中身というが、じゃなんでこの社会では容姿がこんなに重要視されているのか。

誰に何を言われようと、人間は中身である。という信念を得た(?)気がする。あと打たれ強くなった。他の人の意見がどうでも良くなった。あと人の痛みをより分かるようになって人の気持ちをより分かろうとするようになった。人をすぐ判断しないようになった。よりまとも人間に近づいたと錯覚している。なのでアトピー後の性格のほうが自分では好きである。それがせめてもの救いである。

 

まあそんな感じで今年はとにかく自虐をしながらすぎていきました。

私は私の友達sの誰よりも定期購読者様に感謝したい。本当に一番好きである。しかし一番会えないね。誰よりも助けになった。さんくすそーまっち。3年最後のディズニーで全く行く気分じゃなかった私と一緒に行ってくれて、久しぶりに人生を楽しめた。他の友達は普通に他の人と楽しんでた。全く責めるつもりはない。私だったらこんな沈んでる人と一緒に行きたくはなかっただろう。激理解できる。けどそれでも一緒に回ってくれて本当にありがとうしかないです。また、肌やば人間のつらみを理解・共有できる人がいてありがたい。これからもこの下衆いドブネズミことワシをよろしくおねげえしますだ。

 

これからも自己満ブログをよろしくです。(^^)

 

 

 

恋愛観。

自らの恋愛観について語ろうと思う。(RikiObeもブログに同じようなことを書いていた)

私は最近別に彼氏が欲しいという気持ちは特にない。友達といるのが一番楽しいし幸せであるからだ。電車内でカップルの会話をよく耳にするが、会話のレベルと声が幼稚園レベルである。恐ろしいのは、女が高い、甘ったるい声でアホみたいにゆっくりと喋ってる光景である。そしてそれより恐ろしいのはそれを可愛いと思う男どもである。いやまじでcringe、無理すぎてしまったのである。そのようなカップルには絶対になりたくはない。自分を偽ってまでそんな好きになってもらいたいと思わない。男の可愛い所有物ではなく個として、一人の人間として接して欲しい。私は女ぽくないのであろうか。特に日本では女性はこうあるべきだという考えが強いと思う。いつも綺麗にお化粧してお洒落しているのが普通で、そうではない人は女じゃないというレッテルを貼られる。可愛くロリータのようにしていなければいけないのか。日本人の男は皆幼児性愛者なのか?キモいぞ?

私はもしも彼氏ができるならば、その人と色々なことを対等に喋りたいし、面白いこと言い合って笑い合いたい。性格が最優先である。

イケメンは実はそんな好きではない。イケメンは自らのイケメンさを充分理解しており、自らの需要も理解している。あまり信用できない。全く魅力を感じない。綺麗だなとは思うが、付き合いたい、自分の秘密を共有したいとかは全く思えない。イケメンは人の痛みをそれほど分かってない気がするという偏見を私は抱いている。

一緒にいて楽しくてずっと一緒にいたいなって思う人がいい。

Remove all ads

a big loss

Today I went to my friend's funeral.

He had been in coma for two months prior to his death, and on 4th of December, his life ended at 20. Since I knew about his vegetative state, when I was informed of his death, I was not as surprised as I would have been if it was a sudden one. But still, it hit me pretty hard. 

Let me explain a bit about him. I met him in a circle of 国際政治経済学科, and thanks to his communicative nature, I got to become quite close to him. We went drinking a couple of times with friends and talked a lot. He is without a doubt one of the kindest, most genuine, and fair people I've had a pleasure of meeting in my life. He never judged people based on their appearace, social status, race, age, gender, creed, anything. He saw people as who they were on the inside without discriminating. I had never met anyone like him. He was what I aspired to be. He had no jealousy, hatred, shame, no bad feelings. He always listened to my broken Japanese and commented on my most boring and senseless stories with such ardor. He always texted me back even when I sometimes ignored his texts and always comforted me when I was down. He messaged me when I was having a health issue and was not really showing up to school. And luckily or unluckily, he was like that to everyone. He had the biggest heart. Meeting his father, I understood why he was the way he was. He was brought up by parents who love nature and took him to camp, and made him become involved in social activities like boy scout. He knew nothing but love and he believed in it because he felt it everyday.

His death, as real and shocking as it was, did not occurr to me as a real thing. I knew he was dead, but it was just so unreal that I could not accept it. So I did not feel sadness when I knew of his death. I was just plain confused why he did not exist on this Earth anymore, not replying to my texts, not talking to me, why his father was crying when I talked to him on the phone. It just did not seem real. Thus, I did not shed a tear on the way to the funeral and it felt like I was just going to a place to say goodbye to a friend who is on his way to eh..say an exchange program in a foreign country. I felt like I could see him again, when it was clearly impossible. 

Because of his genuine personality, there were a lot of people -some familiar faces- participating in the funeral. He was so hugely admired by many to his father's surprise. They actually made us wait for more than an hour before we got to enter the room where he was laid, so I was actually sleeping while standing before.

And then the queue started to move and I got to the very room, decorated by white flowers. There was a screen showing a video of photos of him throughout the years. Somehow that could not move me to tears. I had no gush of emotions yet.

And then, I stepped farther in the room and the first thing that came to my eyes was him, dead, breathless, pale, restful, comfortable, lying lifeless in a coffin that is too small for someone so tall like him. At first I could not recognize what I was seeing with my eyes. It was this pale, human-like thing with a face familiar to me. Then my mind began to finally understand the fact that he is indeed dead, completely gone from this world. Confusion turned to realization, which turned to despair and disconsolation. A burst of emotions in my heart. A wave of something steamy and hot and sad yet angry but mostly the question of "why" exploded and suddenly my eyes started to water and tears came falling down my face and my mouth went arid. Right side of my head started ringing hard and everything faded. He was there, his face with makeup to hide his bloodlessness and scars he obtained when he was hit by a bus. But his hair looked healthy and glowing, and his body was intact without a single broken bone. He looked as if he was just sleeping and somehow I felt like he would wake up next morning and would talk to me with that cute smile. I found myself tearing through the crowd, running to his coffin, and touching his shoulder tenderly, muttering "you meant so much to me, why are you gone, i love you, please come back" over and over and over. But he was not there anymore.

I don't remember much of what happened later. But I distinctly remember what his father had said. He said, "I think my son has ended his 修行 in this world, and has left a little bit earlier than everyone else to go to a better place and he will enjoy his second life there. He will do whatever he wants to do; he might make the best English speeches, or go hunting, or climb a mountain so tall that you can't see the top of it, or drink a lot of beer, and travel to many beautiful places. I know it sounds crazy. けどそうでも思っておかないとやっていけないんです。" It completely shattered my heart and whatever was left of my heart hurt so much. I always believed there was no God or no afterlife, after death remains a pure darkness. And I always belittled religion saying it was for the weak who need help. But I understood that it is necessary when losing someone who meant so much to you. 

 

Yuho, if you are there and reading this or listening to me, know that you meant the world to me and I dont understand why good people always have to go first while evil people remain alive. You were such an inspiration to me and I do not remember a time when you were not happy. I dont know what to do right now. Just know that you will always be in my heart and I will never say I want to die because you probably wanted to live a little bit more. I wish we could have talked more and I could have gotten to know more about you because you always talked about me and cared for me. I love you with all my broken and soiled heart. Rest in peace. 12 Dec 2017

Remove all ads