contemplation.

久しぶりのブログ!

最近定期購読者様に会いたいという思いが強くなっている。色々と話したい。こんなに会わなかったことはあるだろうか。悲しい。ラインで話せることは話せるが、やはり会って話すのとは訳が違う。暇な(?)女子大生同士会いましょう。明日定期購読者様達はリトリートらしい。心の底から楽しんで来て欲しい。多分友達も少なからずできるであろう。

大学生活も1ヶ月たち、色々な事があった。一つ思うことがある。人は皆、「今」に辿り着くまでに人生でたくさんのことがあったはずだ。「今」に至るまでどのようなことを経験してきたか知らないのに、勝手に直ぐ人を判断するのは良くないと思う。例えば、「肌荒れている人は魅力がない」とか言う人は本当に多い。しかし、もともとアレルギー性の肌の人もいるし、どんなに努力しても体質でそういう風になってしまう人もいる。今まですごくそのことについて悩んできた人もたくさんいるはず。

あと、「この人まじ根暗」とか「性格悪い」とか。やはり社会的には社交的な人が好まれている。しかし、虐められたり、親から抑圧的な教育を受けたり、否定されながら生きてきて自尊心がない人がたくさんいる。なにかトラウマなことを経験した人もいるはず。

現実的には第一印象は大切だ。しかし私は人を直ぐ判断しないように心がけている。なるべくその人のストーリーを知って、どんなことがあってここまで来たかを理解するようにしたい。

もう一つ思うのは、人を見下さない、自分を卑下しないということだ。人は優越感を感じることが本能的に好きな気がする。気づかないで色々なことや人に優劣をつけて判断している。私もそうだ。自分に自信を持つためにはやはり自分が相対的に優れているのだという考え方をしなければならなかった。これは親が私と兄を常に比較してきたからかもしれない。それか他人よりも一点でも多く取ることで自分の価値を高めるという学校教育の仕方のせいかもしれない。人の個性を尊重して純粋にすごいと思うのではなくて、この人は私より劣っているとかそう言う尺度で人を見てしまっていたような気がする。そしてこれは態度に無意識に表れてしまう。しかし、自分が相対的に「上」にいる間は優越感に浸ってられるが、そのまた上が現れると、劣等感が襲ってくる。自分を卑下し、否定し、虚無感に包まれる。

そりゃ、自分よりすごい人なんて地球上にたくさんいる。自分が何も優れてないと思ってしまう。しかし、他人なんて気にしないで自分の目標に向けて精一杯努力することがベストだと思う。私は、これまで他人と自分を比較ばかりしてきたが、今まで見てきた恵まれない人たちのために何かしたいという漠然とした目標を定めてそれだけを考えてこれから4年間頑張りたい。あの人はわたしより頭いいとか可愛いとか良い大学行ったとか立派な目標持ってるとか全部関係ない。その目標だけじゃなくても、私がどんなに酷くても、祖父母や定期購読者様は無条件に私のことを好きでいてくれると信じているから、他人より優れていなくても大丈夫だと思える。私はこのような人々のような心の拠り所があって幸せである。私も定期購読者様が何をしてもずーっと無条件に好きでいるので、あまり人と比べたりしないで定期購読者様らしく大学生活を送って欲しい。

 

ちっとあの先輩のことなどを話したいと思う。今日あの先輩に1週間ぶりくらいに会った。みんなで駄弁っていとき、すこし不自然に感じた。なぜかあまり喋らない。話しかけてもスルーとか淡白な返事しか来ない。

先輩、前同じサークルの現在2年の女子が好きだったらしい。が、その人に彼氏ができてしまいうやむやになってしまったらしい。しかし今でも先輩とその女子はかなり仲が良く、今日もその女子の家に行くらしい。(??????なんで家行くの、え????) 絶対、先輩はその女子のことをまだ好きである。もはやその女子のことを話している顔を見たらわかる。

ここは退散するしかないだろう。なんか印象が変わってしまった。会わない間に自分で勝手に妄想を膨らませすぎた感がありすぎて恥ずかしい。けどまだ私はその先輩はすごい良い人で魅力的だと思うので様子を見ることにする。

同じ学年に1人、良い人がいることはいる。彼は頭良くて面白い人である。真面目そうだけど割とウェイウェイしている時もある。将来のことをめっちゃ真剣に考えている。

まあとりあえず様子を見てまた報告することにする。

 

 

Remove all ads

keep motivated.

I'm going to write this blog in English today. I am currently writing this on the plane to Fukuoka. No wifi. Shame.

I have been reading newspaper and news online recently in order to obtain information and facts for the English debate circle I belong to. This made me aware of so many issues in the country and around the globe.
I have recently been struggling to be motivated -I could not find good reasons to study or do anything at all. This (stale? stalemate? Inactive, dormant) attitude was probably rooted in the illness I experienced for a long time. This illness unarmed me; stagnated me; immobilized me. This was the moment I realized that the phrase 衣食足りて礼節を知る is so wise.
But now that I am well, I wanted to find an incentive to study or take actions. Then, I remembered how I kept my motivation going back in high school. It was that there are so many people who are not even given the chance to be educated and live in low standards, while I was born into a relatively normal family with the opportunity to be fully educated. This sounds like a cliche, but there is nothing truer or purer than this belief.

When I was in Turkey, I lived in a gated compound whose residents were wealthy and liberal. However, once I step out of the area, there roamed poverty. Living standards of Turkish people are still quite low, and many people work after their primary education is over. I have had a peek at one of their schools once. Two kids crammed into one table, barely listening to their teacher. The disparity between the rich and the poor was immense.
This isn't something that's happening just overseas. In Japan, where the disparity is relatively small, there are growing number of youth suffering from poverty. Many children who were born to a poorer family tend to start working after middle or high school, because they cannot afford to go to "cram school" to get into prestigious university. This is one of the reasons why I didn't go to cram school for my university application.
Although less apparent than normal Japanese people, the children of immigrants in Japan go through the same fate. They are discriminated or cannot fit into Japanese society because of their lack of language skills, and tend to work in a terrific condition with minimum wage. They are important to us not only in contributing to the Japanese economy since the population is decreasing, but also in teaching us what diversity means and why it matters.
It is impossible for me to just give these people money and education. But, I can learn many things, become important in the future, and be involved in making these people's lives better, whether through proposing relevant policies as a government official or working with those people in business. My parents pay so much to get me educated. I must never waste this opportunity and do my best in everything I do because what I am given is special, and not everyone can have it. This is what motivates me to focus on studying and to live the best version of myself everyday. I do think it's important to sometimes play and have fun, but I always try to be conscious about why I am doing what I am doing. This mindset makes me realize so many things I worry about in life are trivial and meaningless compared to the big picture. I am going to learn a lot about politics and economics, no matter how difficult they are, for me to be able to become directly engaged to all the problems the human kind is facing right now.

---

Remove all ads

こい一日。

昨日は、サークルのバーベキューであった。先輩と仲良くなるために行くという不純な動機だったがかなり楽しかった。

定期購読者様ならきっと恐怖で心臓が止まるような日差しのなかバーベキューは行われた。私はカメラ係でとりあえずみんなの写真を撮っていた。楽だと思ったのだがかなり疲れた。自分でも無意識に先輩の写真を撮っていたので気をつけようと思った。彼はまたリーダーシップを発揮しバーベキューは成功に終わった。結構友達も出来たので嬉しかった。しかしあまりコミュ力が高くなく、喋れない自分を呪った。

本番はその後の打ち上げ一次会・二次会である。同級生がみんなカシスオレンジサワーを飲んでいたので便乗した。お酒の味はせず、ジュースみたいだった。しかし気分が浮いてきていい気持ちになった。このくらいが適量なのだろう。心の紐も緩くなり言わなくて良いことをたくさん言ってしまい、後悔している。元彼をかなりディスってしまった。申し訳ない。先輩は、このサークル内でなんと2組もカップルがいる。私も便乗したい。

あの先輩の過去の恋バナに一番興味を惹かれた。なんとこのサークル内で色々あったらしい。彼によると、彼のタイプはクールビューティ系で、一所懸命頑張る人らしい。どれにも当てはまっていないがまあしょうがない。とにかく彼女の性格のスタンダードが高すぎて好きな人が出来ないらしい。是非ともチャレンジしてみたいものだ。実は彼かなりモテるらしい。これまで大学で5、6人と色々あったらしい。それはそのはずである。あんなに良い人そうそういない。気づいたら11時になっていて、家に12:30くらいに帰り、親に叱られ、門限11:00にさせられた。私の自由はどこだ。

Remove all ads

悲しい日。

ブログー!
今日はなぜかはわからないが、物事があまり上手くいかず悲しい気持ちになった日であった。今も理由もなく沈んだ気持ちでドラマを見たい気持ちである。
今日はサークルのミーティングで、私が好きな先輩と会えるのを楽しみにしていた。相変わらずのリーダーシップでみんなを統制していた彼は本当に輝いていた。目があったとき思わず逸らしてしまう。私は彼と色々話せると思っていたのだが、なぜか話せ無かった。彼がすぐそこにいるのに、英語勢と英語でどうでも良いことを話してしまった。こんなことなら話しかければよかった。あと前髪が今日は上手くいかなかった。いつも通り盛れていなかった。
授業も眠くてあまり聞いてなかった。
病院に行き、薬局で1時間も待たされテンションはどん底になってしまった。同時に自分が社会的弱者、病人である事実を突きつけられた。最近またかゆいのだ。病人なのになんか調子乗って遊んでいる自分が嫌になった。かゆみの再発はそのツケなのだろうか。大量の薬を持ち帰りながら「自分はどうせ病人だし傷だらけだ。楽しむ権利ないんだ恋する権利ないんだ」とか自分を卑下しまくってしまった。そういう見方は間違ってるしそんなことないのは百も承知なのだが思ってしまったのは仕方ない。もっと自分を受け入れ自信を持ちたい。

そんなことこんなこと全部で今日は何かと悲しかった。

 

Remove all ads

年上最高

久しぶりのブログである。

最近、学校が楽しくなってきた。前は死にたくなるように感じることが多々あったが、今は元高校勢とも距離を取り、安定した友達も出来始め、勉強も嫌なことを考える隙を与えない程度に忙しく、割と充実してきた。もちろん定期購読者様など高校の友達に替わる人はいないが。

 

サークルにも入会した。私の学科のコミュニティサークルである。理由は、先輩が良い人ばっかりだということだけである。みんな留学した人やする予定の人で国際志向が高く、とても優秀で、フレンドリーな人達であった。俗な話であるが就職先も驚くほど良い。私も彼らのようになりたい、と思い入ったのである。

 

一人、男で一個上の先輩がいる。彼は大阪出身で関西弁を操る。浪人だが本当に優秀でもう頭脳明晰なのである。塾講で、始めてから数ヶ月でもうリーダーになったらしい。人間力ありすぎである。数学が得意だという。寮に住んでいて料理が激ウマらしい。タレ目が可愛いのである。私に話しかけてくれる時も、他の人と隔てなく変わりなく喋ってくれる。さらに、下心を全く示さないでみんな(女子含む)と接している。やはり私は年上、というか大人っぽい落ち着いた人が好きだ。彼の一番良いところは、素直でフランクで、人に嫌われることを恐れず自分を自由に表現しているところだ。見ていて聞いていて心地がいい。頭の良いところも最高である。顔は一般的に言えば普通だが、とても魅力的に感じる。私には無いものを彼はたくさん持っている気がする。彼は別に私のことを特別に思って無いと思う。そういうところが良いのである。

 

まだ結構何も起こらないと思うので、定期購読者様には見守っていってほしい。定期購読者様も新たな出会いがあったら教えてほしい。

 

こういう人に出会うと、同高校の人々、特に男子は本当に何なんだと思う。同じ高校として恥ずかしい。幼稚すぎる。もはや比較に値しない。

 

 

 

Remove all ads

うざい

昨日宣告した通り、今日は内部生の男子と昼食を食べて2時間程話す予定だった。しかしなぜかK平とK板Bと他の内部生も合流し、男子4人対女子一人というなんとも不吉な構成になってしまった。

まず男子達は私がいるにも関わらず、女子の話を始めた。誰をk平や他の男子が狙っているか、誰が可愛いと噂されているか等を話し合っていた。私には発言の機会が与えられなかった。彼らは、女はやはり顔が重要だと断言し、様々な女子をランク付けていった。3つのカテゴリー(顔面・頭脳・実績)でAからFを成績のようにつけていっていた。k平らは自身の顔を顧みず、「この女子は頭いいけどブス」や「まじ可愛い、A!」などど恣意的な見解を述べていた。女をなんだと思っているのか。ただの性的搾取の対象なのか。物なのか。お前らは何様だ。自分を見て欲しい。誰がお前らなんかと付き合うか。死ね。

また、内部生のすべての行動は「女子」をゲットできるかに基づいていることを学んだ。いわゆるヤリサーと呼ばれるサークルに入ったり、可愛いと思った女性に「よろしく」と一斉送信したりする。内部生の男子は優しいと思ったのにただの女に飢えている男子校の童貞であるという事実にショックを受けた。

私は本当に帰りたくなった。私をわざわざこの会に呼んだということなら、私と親睦を深めるということではないのか。なぜいきなり他の女子のランク付けをするのか。なぜ女への飢えを私の前でわざわざ堂々と叫ばなければならないのか。理解不能である。そういうことをしたいならば私を呼ばす男だけでやっとけ。

女性のランク付けが終わった後、男子校の様々なエピソードを聞いたが、すべて性的なものでとても不信感を抱いた。なんと男性器の大きさの話までし始めたのである。私は不快であった。

定期購読者様に聞きたい。なぜ男はこういうものなのか。汚いと思うが本能だから仕方ないのか。一見優しそうでも糞な人の例を見たので不信になりそうである。

Remove all ads