Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

瞑想を始めた

最近、動悸がすごいやばい。血流がおかしいのであろうか。24時間ドクドクする。特に胸が躍るような出来事はない。しかし心臓がいつもより早く鼓動する。やばい。心臓発作で数日後に召されているかもしれない。心臓を落ち着けるために瞑想を始めた。何も考えず、ただ呼吸に意識を注ぐ。まだ下手で気づいたら何かを考えている。私は明らかに助けが必要である。

定期購読者様は大学で元高校の方と一緒にいると仰っていたが、羨ましい。私は知らない人々と毎日会い、コミュニケーションを取らなければならず、苦痛である。定期購読者様の大学に編入したい。私は初めてアイデンティティクライシスを経験している。

しかし、一人大学で運命的な出会いをした子がいる。彼女は私と同じ名前で、Snapchatのユーザーネームにswagが入っており、またGame of Thronesの大ファンである。私の方がよりマニアでオタクであるが、彼女もなかなかである。彼女とは是非仲良くなりたい。

そういえば、今ラインしている男子が実際に学校で会い話さないかと言ってきた。彼は実は私と同じC県に住んでいて、家がかなり近い。また、胃腸の不調という同じ苦しみを抱えていることが発覚した。彼も電車でお腹が痛くなると自己に対して殺意が湧くらしい。同じである。私は同情したので彼に毎日ヤクルトかヨーグルトを食すと胃腸が安定するという秘伝の知識を伝授した。この前も、電車で突然激しい腹痛に見舞われ電車を降り、一限目に遅れてしまったらしい。弱い。不健康であるが、私も同様なので何とも言えないのである。もし彼と付き合うとしたら色々な障害が出て来るであろう。まず、私と根本的に価値観が違うかもしれない。育った環境が違うので、意見が合わないかもしれない。また、私はまあ体に湿疹の跡などがたくさんあるので、何と思われるか怖い。好きなら外見なんてどうでもいいんだと言う人もいるが、やはり傷つくのは恐ろしいのである。躊躇してしまう。どうすればいいのか。定期購読者様のご意見を是非伺いたい。

 

 

 

今日は初の休み

昨日は初の授業だった。

朝から大学には溢れんばかりの人が行き交っていた。人混みを嫌悪する私にとっては地獄絵図だった。最初の授業は基礎演習で、論文の書き方を学ぶ。15人ほどの少人数クラスで、2/3は男子だった。空いてる席に座って黙ってたら隣の女の子が話しかけてくれたが、冴えた答えを返せなかった。私は本当に社会不適合者だと考えられる。先生が入ってきた瞬間教室は静まり返った。なんと先生は体毛が無かった。他の人はただのハゲだと思ったに違いないが、私は頭皮だけでなく他の箇所も無いことに気づいた。無意味な時だけ観察力が働く。その後自己紹介を強要された。他の人はユーモアを交えながら快活な自己紹介を成し遂げていたが、私は極度の緊張に苦しめられた。体温は上がり、血流が加速し、筋肉が硬直し、心拍数が激しくなり、汗が迸る。私だけ声がプルプル震えてしまった。社会不適合者にしてはサティスファクトリーな自己紹介だったが、普通の人間にはまだ程遠いことがわかった。先生は厳しそうな人だったが、ある生徒(男性)が韓ドラにハマっていることをカミングアウトした際にほそくえんでいた。ツボがわからない。授業終了後、隣の女子と一緒に教室を出て、世間話をしながらエスカレーターに乗った。お昼はどうするの?と聞かれた時、同じ高校の人と食べると答えた。私はなんという間違いを犯してしまったのか。折角の新友人との社会的交流の機会を逃してしまった。しかも自分から。社会不適合者は反省したい。

その後は国際関係論であった。300人ぐらいの生徒がいた。この授業の趣旨は終始冬眠していた為割愛させて頂く。

次は空き時間であった。徘徊老人のようにキャンパス内を盲目的に歩き回っていた。誰か介護してほしかった。

次は英語であった。一応アドバンスのクラスだったが迷った為到着時間がギリギリで、私が入室した時にはもうグループが出来ていた。明らかに帰国生とわかる長髪搔き上げヘアーの女性と、明らかにモヤシのような青白く、眼鏡、定まらない視線、やせ細った体躯の男性たちがいた。先生はアイリッシュ-オーストラリアンで瞑想が趣味と言っていた。声が小さくてとても頭にきた。しかし奇跡も起きた。私が先生に好きなtv seriesは何かと聞いて、彼が「テレビは10年くらい見ていないがGame of Thronesはちょっとネットで見たことあるわ」と発言した際、ある女子が「オーマイゴッド!アイラブゲームオブスローンズトゥー!」と言った。心臓が止まりそうになりながら私も「ワット?ゲームオブスローンズイズマイライフ」と言った。まさか日本でGame of Thronesを好きな人がいるとは思わなかった。もはや私はあの女子を愛している。

Game of Thronesはアメリカで一番人気のtv seriesである。2011年からやっているのだが、私は去年病気で苦しんでいる時に見始めた。とたんにどハマりして、3回以上見た。本当に本当に面白い。大好き。見た方がいい。最高。次のシーズンが7月に出るのだがもうすでにGoTロスである。高校では後輩に一人ファンを見つけ、機会があれば語っている。私はGoTのキャラクターと結婚したい。愛してる。

 

現在、最初らへんにラインを頂いた男性の中で一人だけ続いている人がいる。彼の印象は爽やかかっこいいというものだったが、顔は覚えていない。社会不適合者には覚えることができないのである。彼はいい人であり、勿論頭脳明晰である。一回会って話して見たいが顔がわからない。認めるのは嫌だが、前彼に似ていると思う。自分を殺したくなる瞬間である。彼にIPAの存在を教えたらかなり引いていた。社会不適合者は彼氏が欲しい。出会いが欲しい。社会に適合したいのである。しかし、ウルトラメンのように数分しか社交性が高い状態が続かない。また廃人の上に徘徊癖のある、若年アルツハイマー症候群の社会不適合者に戻ってしまう。まず社会不適合者の自分を受け入れることから始めたい。皆から嫌われても恥かいても、命に別状は無いし、定期購読者様と私の祖父母は私を無条件に愛してくれると信じている。そう唱えれば胸の鼓動はやみ、脈拍も正常に戻る。私は何の話をしているのか。

【速報】ラインしている男から只今、「男子は群がり、幼稚なことをする生き物であるから受入れなさい」という要求があった。この発言を忖度した結果、R KITBSとKH UEDを擁護する発言として捉えることができ、社会不適合者は誠に遺憾である。あと24時間は返信をしないという報復措置を取ることに定期購読者様はどうお考えになりますでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は授業開始!😭

こんばんは、定期購読者の皆様。

いよいよ明日は授業開始です。入学式の時もそうであったのですが、緊張のあまり眠れないと思います。何を緊張することがあるのかという感じですが、私のような社会不適合者にはどのような社会的活動も心身の健康に対する脅威となるのです。1日目から、いきなり五時間目まで全部授業が詰まっているので、神は私をお捨てなさったと解釈すべきでしょう。

 

そういえば、シンポジウムの際に知り合った複数名の男性から連絡がありました。しかし、皆様、特に某ソーシャルメディアに私の私生活を書き込んだ男性が想像しているような不埒な内容ではなく、お疲れーこれからもよろしくなどという淡白なものでした。送ってくる事自体が興味を持たれているということなのでしょうか。恋愛とは正解がないですね。なんと複雑なのでしょうか。というか恋愛していませんよ。

 

では私の定期購読者様の為に私に連絡を寄越してきた男性陣を紹介致します。時系列順に並列します。

まず最初に、K氏から「今日はお疲れ!これからもよろしく」(プライバシー保護の為内容一部改竄)というメッセージが来ました。彼は私の友人(私の私生活をソーシャルメディアで流出させた張本人)の塾の友人で、懇談会でお話ししました。眼鏡をかけていて、一見真面目そうでしたが、チャラさを匂わせる何かを持っていました。彼は特に私の心に大きなインパクトを残さなかったので、メッセージが来た時には誰だこいつと思いました。

次は先輩から同じような内容のメッセージが来ました。彼とは稲門会で同じテーブルで、関西弁のユーモラスな方でした。先輩なのでこれからも有意義な情報を獲得するために付き合いを継続していきたいと考えています。

三人目はまたもや懇談会で出会った男性でした。彼は内部生で高校は男子校の割には、女子の目を見て話せるというズバ抜けた社会性を保持していました。一般的に言うイケメソという部類に所属するであろう顔面で、チャーミングなスマイルをばら撒いていました。しかし色々な女子に話しかけ(私が女子の友達が欲しかったので依頼したのですが)ていたので、私は彼に少しチャラさを見出しました。

四人目は駅まで帰る際、なぜか私に寄って来て話しかけて来た内部出身の男性でした。空の色が変わる夕刻に、色々お話ししました。駅に着いた際初めてよく顔が見えました。

 

皆様誤解しないで頂きたいのですが、私はIPAの初の女性組員になる資格があるような、尻軽女ではありません。別に私は彼らと話したいと思った訳ではありませんので、理解頂けたら幸いです。では突っぱねれば良いだろう、という意見も出てくるかもしれません。しかし、私もそのように己の社会的地位を失墜させるような非倫理的なことはできかねます。また、私は自他共に認める異性愛者であり、適当な彼氏をお求め中なのであります。

ではまたね

 

大学スタート🙏🏼

2017/04/01 大学入学式だった。(I tried to sound like a 文豪 like Kohei. Please stay with me through this journey.)

1週間前くらいにガイダンスがあり一応同じ学部と学科の人に一回は会っていたけれど、今回はオフィシャルな感じでまたご対面という感じだった。同じ高校から私の他に5人同じ学部に進学していて、彼らと一緒に行動した。

この日は法、政経、商と3学部の入学式だった上に、親が来ている人がたくさんいて、会場は混沌としていた。私は人混みを厭み嫌っているので、結構地獄だった。駅に着いた瞬間帰りたくなった。なんて内向きな性格なのだろう。社会性の欠片もない。

とりあえず同じ高校の人と合流し大隈講堂へ入った。同じ高校の人を紹介しとこう。2人は男で3人は女である。男の方の2人はまあ良い人と言えるだろう。しかし謎く、子供っぽい。私の個人的な男性の理想像とはかけ離れている。私のような者がこのように偉そうなことを言える立場にあるのか、という疑問は見過ごすことにしよう。俗に言えば私のタイプは大人で思慮深く、優しい子供好きな人である。理想高すぎである。女性の2人は優秀でまあ良い人である。もう一人の女性は、過去に間接的に因縁があったような気がするけれど、これからも会う機会が多々ありそうなので諍いは起こさないようにする。

言っておくが、私はもともと怠慢で内向的でシャイな性格である。この性格に、慣れないハイヒールとキツすぎるスーツが加わり私の機嫌はどん底にあった。他の5人は知り合いではあったが特に仲良い訳ではない。高校のべすてぃーが本当に恋しくなった。(YOU KNOW WHO YOU ARE) 卒業式よりも、高校でできた友達を懐かしく思った。

大学総長と学部長は年配のお爺さん方だった。それ以外特筆すべき特徴はない。私は大隈講堂の二階に座っていたので、彼らの頭部の寂しさが生々しく見受けられた。面白かったのは、稲門会会長の、三井不動産取締役の方のお話である。やはり教授陣よりも実際に社会に出て、切磋琢磨され、成功している人の話の方が説得力がある。彼は、現在の世界の問題-富の偏在、近代金融システムの限界、民主主義の危機とそれらにより引き起こされる巨大な格差、ナショナリズム、移民への偏見、テロリズム-に対し、我々が何をできるのか、どのように改革していくか、どのような教育が必要かを述べてくれた。特に、格差の拡大とそれによるポピュリズムナショナリズムの問題をとても身近に感じている。これから大学で何をして行くか、再度認識することができた。もはや大学は遊ぶ場所ではないのだ。

校歌斉唱に入ると、学ランを着用した男性2名と妙に短いスカートを履いたチアリーダー2名が壇上に上がり、いきなり校歌を叫び始めた。そうすると教授陣も拳を振り上げながらわせだーわせだーと歌い始めた。会場は、熱い母校愛と新入生の戸惑いが混ざった、異様な雰囲気に包まれていた。なんというところに来てしまったのか。しかしもう手遅れである。同化するしかないのか。

やっとの思いで外に出て、校内へ向かうと、安保反対のデモのような光景が広がっていた。何百人もの人が、自らのサークルの名を記したプラカードのようなものを掲げ、何やら唾を飛ばしながら叫んでいる。私の中の本能的な何かがあそこへ行くのは危険だ、戻れと止めていたのだが、みんなが行くのでついていってしまった。その群衆の中に足を踏み入れると、まず10枚ほどのビラを手に押し付けられた。というか置かれた。アメフト部マネージャーやらないー?みたいな誘い文句で皆話しかけてきた。私のような小心者はビラを断ることができなかった。しかしラインを聞かれた時は流石に自己防衛本能が働き、その場を立ち去ることに成功した。他の5人はもう入りたいサークルの目処がついている様だった。何もやりたいことがない、何もできない、趣味がないのは私だけであった。どのサークルも、俗に言うチャラいという分類に入り、チャラいのは嫌なので、どのサークルにも入りたくなかった。後日ゆっくりと一人でネットでサークルを調べたところ、ボランティアの中に私がやりたいものが見つかった。在日外国人の子供に日本語を教え、日本社会に馴染むのを手伝うという内容だ。今先進国で、仕事を奪うとして移民難民が差別されてる上に、彼らが報復としてテロなどを起こし、また移民難民に対する感情が悪くなるとう悲劇が起こっている。日本は移民や難民をほとんど受け付けてないのでその様な問題は他人事であるが、日本も人口減少が著しく、将来的に移民の労働力が必要である。他の民族、他の国籍の人と文化に対する寛容さが今一番必要だと考えている。

まあそういうことで、昼は脂っこいラーメンを食べてまた大学に戻って、解散した。多分my Bestiesと一緒に行動したら楽しかったんだろうなと思う。友達と一緒の大学が良かったなー。ただただ高校の友達が恋しくなった1日だった。

 

 

 

graduation

今日3/15は卒業式でした。

 特に緊張感もなく寂しさもなく今日を迎えました。多分私が病気になってなかったら本当にクラスが大好きで、卒業なんかしたくないって思ってたと思います。けど今年度は計1ヶ月程欠席し、出席してもほとんど誰とも会話せず行事も出ず毎日帰りのホームルームが終わると即座に帰っていて、完全に社会的に死亡していました。他の人は私がアトピーだから顔見られたくなくて避けてると思ってたと思います。それもあったけどやっぱり痒くて痒くて夜全く寝れないことから来るストレスと、将来私どうなっちゃうんだろうっていう不安と、猛烈なかゆみでもう意識が朦朧としてたイメージでした。みんなとのこんな関係のままでクラスが好きとか別れたくないとか言えないです。病気の時本当に励ましてくれたり一緒に悩んでくれたり、サポートしてくれた数少ない友達と別れるのは死ぬほど悲しいし卒業後も会いたいけど、そのほかの人は、特にどうも思いませんでした。正直みんなと一緒に3年間を思い出して感動して泣きたいし、最後のクラス会楽しもうとしたけどやっぱり無理でした。けどクラスの人は良い人、優しい人たちばっかりです。先生たちも含めて避けたり酷い態度して本当に申し訳なくて心が痛いです。けど酷かった時は心の余裕が全くなかったのは事実です。

もちろんアトピーにならなかった方が良かったけどなって初めて気づいたことがありました。自分がどん底に落ちて、私がどんなに自己中でくだらないことばかり気にしていたか、どんなに人を見下していたか、どんだけ人の気持ちを考えられなかったか。自分がどう見られるかがあまり気にならなくなりました。私は前は良い人にならなきゃって無理矢理良い人ぶってみたり、本当に性格の良い子はどうやってやってるんだろう?と迷ったりしたことが多々あったような気がします。私結構自分では性格悪いというか計算高いと思ってて、ダメだ直さなきゃって焦り、そういう偽善的な自分を嫌悪してました。けど今はそういう悪い自分も肯定できるようになった上に、良い人になろうとするのは悪いことではなくて、当然のことなんだって感じるようになりました。もし本当の自分が性格悪くても自分が大切に思っている人を大切に扱う?というか接するのは、良いことなんじゃないかなって思います。あと、友達と家族をもっと大切にするようになりました。本当に好きな人々です! (Especially u shake<3)とりあえず前より大きな寛大な心を持つことができたと思いたいです。

 

高校での恋愛系も色々ありました..

ある男の子をいいなと思ってお近づきになって付き合いました。最初は好きだったけどなんか時間が経つにつれ好きじゃなくなりました。理由は色々あります。まず私の理想が高すぎたかもしれないです。彼のことを過大評価してました。すごいジェントルマンでスマートな人だと勝手に思ってました。けど完璧な人なんていないのでもちろん私の期待は徐々に裏切られていきました。思ったより微妙って感じです。また、彼の元カノのことを過剰に意識してた気がします。私はやっぱり前に付き合ってた人のこと気になっちゃいます。負けず嫌いなんだと思います。本当独占欲強いですね。今思うとなんでだろうって感じです。けどやっぱり一番の理由は、論理的な理由もなくだんだんただ好きって気持ちがなくなっていったことです。私は飽きっぽいのでしょうか。なぜか全然わからなかったです。5ヶ月で別れました。本当に申し訳なく思ってます。今でももっと話せば良かったなって思います。彼には心から幸せを手にしてほしいと思います。私は自分は飽きっぽくて恋愛に向いていないと思いました。付き合ってもどうせ好きじゃなくなって傷つけてしまう気がしてもう誰とも付き合いたくないと思いました。その後も他の人と色々ありました。間接的にお断りしました。高嶺の花子さんを演じてた訳ではなくて、本当に自分は恋愛関係に向いてない冷たい飽きっぽい人だと分かってたから断ったんです。その「他の人」はイケメンって言われてて人気だけどちょっと性格が謎い人でした。いいなって思ってもらえるのはいいし有難いけど、付き合ったら悪いところだけ見えちゃって嫌いになるかもしれない、って思ってやめました。完璧主義なのかもしれません。

しかし、アトピーになったあと人の良いところを見るようになって、独占欲も負けず嫌いも飽きっぽいのも完璧を求める癖もほとんどなくなりました。執着がなくなったのかもしれません!まじで自分の恋愛歴?を思い出すだけで自分ってなんて奴だ本当最悪だって思います。今度はうまくやりたいです。

私は良い友達に恵まれて本当に幸せな3年間でした。卒業してもずーっと会いたいです。アトピー治ってほしいです。大学の勉強ついていけるようになりたいです。料理習いたいです。今の友達と疎遠になりたくないです。色々あったけどICU高校は好きだったので卒業は悲しいです。

 

 

 

 

Remove all ads

Victoria's Secret fashion show 2k16💞🌸✨☄

ITS THAT TIME OF THE YEAR: the Victoria's Secret fashion show that everyone has been waiting for🌝🌚🌝

as excited as I am, I am also so sad that my queens Candice and Behati aren't walking this year because they just gave birth to their children few weeks before. It will be quite different without them. Behati had a baby with Adam Levine, the hot singer from Maroon 5, and named the baby girl Dusty Rose. What a name lol!f:id:sustaintruth:20161208184102j:image

And Candice with Herman Nicoli, a Brazilian model and the baby boy Anaca. 

f:id:sustaintruth:20161208184050j:image

f:id:sustaintruth:20161208183539j:image

Such beautiful DNA. 

 

I'd like to talk about why I love watching Victoria's Secret fashion show. My friends dismiss it and question why I like watching women in lingerie. But I'm not going to justify my actions or give the slightest hell about what they say just like I don't give comments on the random singers they like. Watching and following those powerful, beyond beautiful, unyielding women work hard for their goal is entertaining and gives me courage and hope. Many people might say that it gives you fixation about certain body image and promotes unhealthy and unrealistic body standards for young women, but it is not like I want to be them. I just like Watching them and cheering for their success, and just simply being in awe in their breathtaking beauty. I think humans need to support and cheer for something or someone in their lives, and for me it was them. Other people can say what they like and give hypocritical opinions, but they can't change what's inside me. Honestly, I don't like models in Japan because they're pretending to be good and cute girls, blatantly seek attention and are awfully skinny, whereas Victoria's Secret models train so hard and are so muscular. 

 

I'm going to introduce my favorite current and former angels to ever have walked on the Victoria's Secret runway. 

 

Adriana Lima 🇧🇷

f:id:sustaintruth:20161208193344j:image 

MY NUMBER ONE QUEEN. Undoubtedly the most beautiful person I have ever laid my eyes on on this planet called earth. A real idol, mother, model, philanthropist for every girl. I think in her mysterious, exotic silver-ish, blue-ish, greenish eyes lie enormous sexiness and depth. Her black hair and blue eyes make the most perfect figure. She's walked the show 16 times and has always been an angel since I can remember. Hallelujah. I heard she's part Japanese, native Brazilian, African and so on. 

 

Alessandra Ambrosio🇧🇷

f:id:sustaintruth:20161208220541j:image

A Brazilian brunette beauty. She's been in VS for such a long time, she's becoming an icon. I love her edgy, defined face which makes her mesmerizingly beautiful. 

 

Shanina shaik 🇦🇺🇸🇦

f:id:sustaintruth:20161208214403j:image

The Australian-Saudi Arabian beauty! She didn't walk this year but I think she's so beautiful because her emerald eyes and on-fleek brows make her look very exotic. Some Middle East blood in her makes her so different and special from everyone else. In love with her facial structures and the most beautiful eyes ever. 

 

Doutzen Kroes🇳🇱

f:id:sustaintruth:20161208221838j:image

Another queen of the Netherlands. She is the definition of beauty with her blonde hair, blue eyes and marshmallow skin. Her full lips make her perfect for VS, and I think she represents traditional European beauty. 

 

Candice swanepoel🇿🇦

f:id:sustaintruth:20161208221522j:image

She's one of the most popular angels in the vs. she's so magically hot with a cute face and a killer body. I love her hippy-boho nature and her love for nature is so admiring. 

 

Behati Prinsloo🇳🇦

f:id:sustaintruth:20161208214422j:image

Behati!!! The best personality. Friends with anyone. Happy and cheeky and bubbly. I love her African vibes and her smile brightens everyone's day. She also got such high fashion, memorable and pretty face. 

 

Irina shayk🇷🇺

 f:id:sustaintruth:20161208221105j:image

The glass eyes Russian beauty. I'm so happy she joined this year because she rocked the runway. While pregnant! 

KArlie Kloss🇺🇸

f:id:sustaintruth:20161208220150j:image

Our forever favorite Karlie Kloss! Not only is she elegant, stunning and glowing, she's the most inspirational icon. She has a vast network of friends because everyone likes her. 

Kelly Gale🇸🇪🇦🇺🇮🇳

f:id:sustaintruth:20161208214515j:image

She is Indian, Swedish and Australian. I love her exotic look, thick eyebrows and full lips. She trains herself harder than anyone else and appreciates her opportunity with humility. I hope she'll be an angel. 

Daniela Braga🇧🇷

f:id:sustaintruth:20161208215713j:image

She looks like a mixture of Shanina Shaik and Taylor Hill to me.. She has that exotic and mysterious face. I think she has potential. 

taylor hill🇺🇸

f:id:sustaintruth:20161208214746j:image

She's the future of the Victoria's Secret! Perfect hair, eyebrows and eyes! She's so stunningly and undeniably beautiful. Hands down.

 

Romee Strijd🇳🇱

f:id:sustaintruth:20161208215003j:image

I love when she smiles! Blonde Dutch beauty. I love her lips and dimples that appear on her face when she smiles. 

Miranda Kerr🇦🇺

f:id:sustaintruth:20161208215137j:image

She is the cutest one. Her face is something nobody can imitate and she owns it like a boss.. Her dimples are to die for.

elsa Hosk🇸🇪

f:id:sustaintruth:20161208215221j:image

She looks like Elsa from frozen because she's got that icy blue eyes and platinum blonde hair! She's uniquely beauriful in her own beautiful way. 

Josephine skriver🇩🇰

f:id:sustaintruth:20161208215437j:image

I was so surprised to find that her parents are LGBT, and she was fertilized in a tube! Perfect for a new generation! She has the best smile, cutest and nicest personality but she can be elegant and sexy when she wants to. 

 

 MY FAVORITE LOOKS FROM VSFS 2016

 

1. Jasmine Tookes fantasy bra

f:id:sustaintruth:20170108143532j:image

2. Josephine Skriver Swarovski outfit

f:id:sustaintruth:20170108143539j:image

3. Maria Borges

f:id:sustaintruth:20170108143547j:imagef:id:sustaintruth:20170108143551j:image

4. Kendall Jenner

f:id:sustaintruth:20170108143605j:image

5. Sui He

f:id:sustaintruth:20170108143611j:image

6. Barbara Fidalho

 f:id:sustaintruth:20170108144257j:image

7. Liu Wen

f:id:sustaintruth:20170108143619j:image

Georgia Fowler

f:id:sustaintruth:20170108143627j:image

Irina Shayk

f:id:sustaintruth:20170108143634j:image

 

Romee Strijd

f:id:sustaintruth:20170108143650j:image

Sanne Vloet

f:id:sustaintruth:20170108143705j:image

 

Ming Xi

 f:id:sustaintruth:20170108143723j:image

 

THE ROAD AHEAD

 f:id:sustaintruth:20170108144921j:imagef:id:sustaintruth:20170108144936j:imagef:id:sustaintruth:20170108144957j:imagef:id:sustaintruth:20170108145007j:imagef:id:sustaintruth:20170108145015j:imagef:id:sustaintruth:20170108145023j:imagef:id:sustaintruth:20170108145031j:imagef:id:sustaintruth:20170108145043j:imagef:id:sustaintruth:20170108145049j:imagef:id:sustaintruth:20170108145058j:imagef:id:sustaintruth:20170108145131j:imagef:id:sustaintruth:20170108145155j:imagef:id:sustaintruth:20170108145211j:imagef:id:sustaintruth:20170108145226j:image

 

 Mountain Romance

f:id:sustaintruth:20170108145454j:imagef:id:sustaintruth:20170108145459j:imagef:id:sustaintruth:20170108145504j:imagef:id:sustaintruth:20170108145515j:imagef:id:sustaintruth:20170108145521j:imagef:id:sustaintruth:20170108145527j:imagef:id:sustaintruth:20170108145540j:imagef:id:sustaintruth:20170108145547j:imagef:id:sustaintruth:20170108145555j:imagef:id:sustaintruth:20170108145559j:imagef:id:sustaintruth:20170108145617j:imagef:id:sustaintruth:20170108145624j:imagef:id:sustaintruth:20170108145641j:imagef:id:sustaintruth:20170108145509j:image

 

Bright Night Angels

f:id:sustaintruth:20170108145738j:imagef:id:sustaintruth:20170108145746j:imagef:id:sustaintruth:20170108145758j:imagef:id:sustaintruth:20170108145859j:imagef:id:sustaintruth:20170108145917j:imagef:id:sustaintruth:20170108145929j:imagef:id:sustaintruth:20170108150020j:imagef:id:sustaintruth:20170108150100j:imagef:id:sustaintruth:20170108150135j:imagef:id:sustaintruth:20170108150800j:imagef:id:sustaintruth:20170108150813j:imagef:id:sustaintruth:20170108151725j:image

 

Secret Angels

f:id:sustaintruth:20170108150841j:imagef:id:sustaintruth:20170108150859j:imagef:id:sustaintruth:20170108150914j:imagef:id:sustaintruth:20170108150936j:imagef:id:sustaintruth:20170108150946j:imagef:id:sustaintruth:20170108151044j:imagef:id:sustaintruth:20170108151102j:imagef:id:sustaintruth:20170108151115j:imagef:id:sustaintruth:20170108151125j:imagef:id:sustaintruth:20170108151145j:imagef:id:sustaintruth:20170108151212j:imagef:id:sustaintruth:20170108151229j:image

 

dark angels

f:id:sustaintruth:20170108151419j:imagef:id:sustaintruth:20170108151425j:imagef:id:sustaintruth:20170108151431j:imagef:id:sustaintruth:20170108151442j:imagef:id:sustaintruth:20170108151451j:imagef:id:sustaintruth:20170108151458j:imagef:id:sustaintruth:20170108151506j:imagef:id:sustaintruth:20170108151514j:imagef:id:sustaintruth:20170108151522j:imagef:id:sustaintruth:20170108151532j:imagef:id:sustaintruth:20170108151538j:imagef:id:sustaintruth:20170108151558j:imagef:id:sustaintruth:20170108151702j:image

 

 PINK

f:id:sustaintruth:20170108151813j:imagef:id:sustaintruth:20170108151840j:imagef:id:sustaintruth:20170108151846j:imagef:id:sustaintruth:20170108151855j:imagef:id:sustaintruth:20170108151906j:imagef:id:sustaintruth:20170108151920j:imagef:id:sustaintruth:20170108151932j:imagef:id:sustaintruth:20170108151946j:imagef:id:sustaintruth:20170108151954j:imagef:id:sustaintruth:20170108152004j:imagef:id:sustaintruth:20170108152010j:imagef:id:sustaintruth:20170108152024j:imagef:id:sustaintruth:20170108152037j:imagef:id:sustaintruth:20170108152050j:image

 

大分 travel

f:id:sustaintruth:20160822151145j:image

A throwback to Oita🍃

f:id:sustaintruth:20160822151357j:image

one of the most spectacular places I've visited in Japan. 

We couldn't get to the top of the mountain near the crater which I was looking forward to seeing because of the recent earthquake that took place in Kyushu...

But on the last day we went touring around famous hot springs. First, we went to 海地獄, "Ocean Hell". It looks nice and blue but is actually 90 degrees Celsius and contains poisonous iron sulfate!

I also got to see my bro. He was coolf:id:sustaintruth:20160822151943j:image

 

Remove all ads