迷走

最近とても悩んでいることがある。

さっきまでアトピーの人のブログを読んで、辛い時期のことを思い出した。

24時間痒くて、夜もほとんど寝れず、頭は薬と痒みのせいで全く働かず、大量にまずい薬を飲んでいたな。その頃と比べると割と良くなったのかもしれない。

最近またアトピーがひどくなり、さらにニキビまで併発して精神状況は最悪である。胸からまた膿が出てきた。勝手に涙が出てくる。なんでこんな目に遭わなきゃいけないんだろう。どうしようもなく辛い。

すごいポジティブな人は本当にすごいと思う。私もポジティブになろうとするのだが、やっぱりひどくなると挫折してしまう。強くなりたいがなれない。

ひどかった頃も今も、本当に切実に死んでしまいたいと思ってしまう。まあ弱いので実行に移すことはできないが。笑

 

アトピーが子供に遺伝する確率は50%ほどだという。環境の要因もかなり大きいが、遺伝が主な要因だという。私は子供が好きなので、将来子供が欲しいなとずっと小さい頃から考えていた。しかし、子供に遺伝する可能性がコインの裏表の確率ならば迷う。

私は子供がアトピーになった場合、色々と面倒見るのは構わない。しかし問題は子供が苦しむことにある。体の痒みだけでなく学校でいじめられたりしないだろうか。子供に苦しんで欲しくない。しかもその苦しみの原因を作ったのは自分だと知っているときの罪悪感は激しそう。

このような考えは優生思想なのか。例えば出生前診断ダウン症の子供が生まれてくることがわかった時、中絶することと同じなのか。

たしかに、アトピーは薬でコントロールできる。が、実際私は夏は暑さのせいでほとんど活動休止、冬でも一ヶ月に一回は絶対湿疹ができ、痒さで死にそうになる。

また、きちんと育ててあげればアトピーを気にしない子に育てることができるかもしれない。このようにブレークダウンを起こしてしまうのは気の弱い私のような人間に限られるのか。

定期購読様はどう思うだろうか。是非意見を聞きたい。